トップページ > 金陽製薬について

会社概要Company

健康ドリンク・美容ドリンク・のPB(プライベートブランド)の受託製造なら金陽製薬株式会社

会社概要Details of Company

それぞれのボタンをクリックすると各コンテンツへ移動します。

金陽製薬株式会社代表取締役挨拶 金陽製薬株式会社企業情報 金陽製薬株式会社沿革 金陽製薬株式会社個人情報保護方針
ページトップへ戻る

ご挨拶

ご挨拶

 当社は、より安全で有効性の確かな、そして品質の安定した医薬品メーカーとして半世紀を越える歴史を歩んでまいりました。
 そして、蓄積されたノウハウと最先端の製剤技術と情報を活かし、常に明日を見つめて顧客の皆様のニーズにお応え出来るよう、品質の向上と新製品開発に努力を重ねてまいりました。
この間高齢化社会への構造変化は益々進む一方で環境悪化に起因すると思われる慢性疾患は増加の一途を辿っております。
医療設備の改善、充実などの対応が迫られる反面で従来にもまして予防医学の見地からセルフメディケーションの重要さが認識され、一般医薬品に対するニーズの多様化は必然の状態であります。
このような状況のもと、私どもは安全で安心の出来る、そして皆様にご信頼いただける医薬品、医薬部外品、健康食品などを提供させて頂き皆様の健康維持に役立てるよう、全力を尽くしてまいります。今後とも尚一層のご指導とご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。

健康ドリンク・美容ドリンクの金陽製薬社長/><br/><br/>代表取締役 北山英樹</p>
 </div>
      </div>
		
<!-- 企業情報 --> 

        <div class=

企業情報

会社名 金陽製薬株式会社
KINYO PHARMACEUTICAL CO., LTD.
所在地 本社
テクノ奈良工場
〒637-0014 奈良県五條市住川町1420番地
TEL:0747-22-3451  FAX:0747-25-1232
創業 昭和6年8月
設立 昭和22年3月
代表者 代表取締役 北山英樹
資本金 2800万円
営業品目 医薬品、医薬部外品、栄養飲料、健康食品の製造販売
従業員 80名
取引銀行 南都銀行五条支店
紀陽銀行五条支店
三菱東京UFJ銀行大和高田支店
日本政策金融公庫奈良支店
商工中金奈良支店
テクノ奈良工場地図
大きな地図で見る
ページトップへ戻る

沿革

昭和6年8月 初代社長 北山藤一郎 が奈良県宇智郡五條町二見168番地に サーブ製薬研究所を創業。
昭和22年3月 同所にて 金陽製薬株式会社 を設立。
昭和36年4月 アンプル入り内服液剤の製造開始。
昭和40年1月 医薬品、滋養強壮ドリンク剤の製造開始。
昭和42年1月 五條市中町345番地に金陽製薬株式会社阪合部工場を建設、ドリンク剤の製造設備を新設。  設備を完了。
昭和46年10月 二見本社工場を阪合部工場に移転統合し五條工場とする。
昭和50年5月 代表取締役社長に北山宏和が就任。
昭和52年7月 五條工場の増改築を完了。ドリンク剤の製造ラインを更新。
昭和59年10月 アンプル入り内服液剤の設備更新。
昭和61年12月 入浴剤のオートメーション製造設備を完了。
平成3年9月 ミニドリンク充填ラインを更新。
平成8年12月 新GMPに伴なう製造業の業許可の更新。
平成10年3月 テクノパークならに 8,068u の工場用地を取得。
平成11年12月 テクノ奈良工場 完成。
平成12年5月 100mlドリンクライン操業開始。
平成17年1月 代表取締役社長に 北山英樹 が就任。
平成17年4月 第二種医薬品、医薬部外品、化粧品製造販売業許可。
平成18年3月 テクノ奈良工場 ミニドリンクライン新設完了。
ページトップへ戻る

個人情報保護方針

 金陽製薬株式会社(以下、「当社」という)は、個人情報(個人を識別できる情報)の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法規を遵守し、個人情報の適正な収集、利用及び安全管理を行うため、以下の基本方針を定め、その実現に努めます。

            

1. 当社は個人情報の取り扱いに関する法令、ガイドライン、その他規範を遵守します。

2. 当社は、個人情報を収集又は利用するにあたっては、その目的を明確にし、その範囲内で適正に利用します。

3. 当社は、皆様からご提供頂いた個人情報については、法令等に基づく場合など正当な理由がある場合を除き、事前にご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはいたしません。

4. 当社は、個人情報の改ざん、漏洩、減失、毀損、不正アクセスその他不適切な事態を防止するための対策を行います。
また、適宣改善策を検討し、より強固な環境の構築に努めます。

5. 当社は、保持する個人データに関し、ご本人から開示、訂正、利用停止等の申し出があった場合は、ご本人であることを確認した上で、法令の定めるところに従い、必要な対応をいたします。

6. 当社は、当方針を実施、維持させるためにすべての従業員に対し、周知徹底を図ります。
また、お客様や取引関係者等にも公表します。

             

平成26年3月
金陽製薬株式会社
代表取締役 北山英樹

ページトップへ戻る